利回り

不動産投資の利回りについて紹介してきたいと感じますが、不動産投資をするにあたって利回りを考えなければいけません。

不動産投資用語の一つと考えられるこの利回りという言葉はどのような意味か分かりますか?

不動産投資における利回りは、1年で得ることが出来る収益の投資資本に対しての割合のことをいうのです。

年間の収入を投資資本で割った額が不動産投資の利回りの金額ということになりますね。

不動産投資をするうえでたとえば一年間の収入が五〇〇〇〇円だったとしますね。

そして投資資本が五〇〇〇〇〇〇円だった時には利回りは1%という計算になるというものであるのです。

不動産投資をするにあたっては、単純に一年間の収益を投資したお金で割った表面利回りという先ほど紹介した利回りの額と、一年間の収入から、様々な経営をしていくのにかかった諸経費などを引いていった金額を今までにかかった総投資額で割った額である実質利回りと呼ばれるものの二つがあるのです。

実質利回りのことはネット利回りとも言われているそうですが、不動産投資を考えていく上では利回りの計算は必ず必要なものになってくるといってもいいのではないかと感じます。

ある程度不動産投資を始める前に、利回りがどれくらいになっているのか計算したうえで不動産投資物件を探すようにしなければ、利回りが悪い物件を購入していたのでは不動産投資で安定した収益を得ることが難しいといえるのではないかと感じます。
posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 利回り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27235553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック