節税

不動産投資を節税のために行っているという人も、今は多くはないのではないかと感じます。

不動産投資というのはマンションなどを買って自分が住むというのではなくて、賃貸にして家賃収入をもらっていくことをいうのですが、サラリーマンが不動産投資を始めた時には節税になるといわれているのです。

表面利益を上げると税金というのは掛かってくるのですが、含み益と呼ばれるものには税金がかからないことになっているのです。

表面利益をできるだけ抑えておいて含み資産をたくさん作るということで税金がかかってこないことになります。

含み資産の作り方としては借金をどれだけ効率よく使うことが出来るのかということにかかってきます。

借金というのは消費するために使うものと投資するために使うものがあるのですが、資産の中に占める借金のバランスが良ければ、借金をして不動産投資を始めたとしてもそれは節税につながるということになります。

経費にかかる金利と経費にならない金利は違うのですから、賃貸収益が十分ある人で、金利は賃貸収入があるのですべてカバーできるというのであれば、節税効果はないに等しいのです。

それだけ投資が成功しているので、その分手にしているお金は高いと感じますから、その時には節税は必要がないということになるのではないかと感じます。

不動産投資をして節税している人というのは大変多く、サラリーマンの節税方法としても不動産投資を行っている人は今は大変たくさん存在するといわれているのです。
posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27349864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック