節税

不動産投資と節税についてですが、一棟売りのマンション、アパートなどに不動産投資をしているという人は、節税についても考えていく必要があります。不動産投資の節税についてですが、会社なら、利益が上がれば、設備投資、研究費といった将来のことを考えて、この利益を使って、節税することが出来ますが、サラリーマンや個人の給料で利益を上げた場合には、税金というのは、所得が上がってしまえば、税金も増えるという仕組みになっています。ですから、所得が上がれば上がるほど税金も上がっていくことになります。しかし不動産投資をすればサラリーマンも経費を計上して節税することが出来ます。
マンションや不動産投資に関して不動産所得がある人は、確定申告をしなければいけないことになっています。これは利益が出た人でも、利益がでなかった人でもどちらの場合も確定申告は必要です。利益を出ている場合には税金を支払うことになりますし、損益が出ている場合には、サラリーマンの収入から、損益を引いた税額の還付が受け取れることになっています。
確定申告は、サラリーマンにとっては面倒かもしれませんが、色々と経費を計上することで節税できることになりますから、普通の会社員では節税したくてもできなかったのですから、不動産投資で思う存分節税をしてみるというのは、サラリーマンにとってはメリットではないでしょうか。節税は不動産投資のメリットといってもいいと思いますからしっかり対策したいですね。
posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資