サラリーマン

不動産投資を始める人の中に最近はサラリーマンもとても増えているといわれています。サラリーマンが不動産投資をする場合には、サイドワーク、サイドビジネス、副業として行うケースが多いのですが、最近は不況で、ボーナスも給料もかなり下がっているという家庭がとても多いといわれています。そのことから、不動産投資を始めようと思っているサラリーマンは多いのです。
不動産投資なら、不動産物件を購入して、管理会社に依頼してしっかりと管理しておいてもらえば、自分で不動産投資をするからといって何か動く必要もありませんので、後は入居者さえしっかりとは言ってくれれば、家賃収入が決まって入りますから、それが副業の報酬として手元に残り家計を助けることにつながります。
このようなことから、不動産投資を始めるサラリーマンがとても多いといわれていますが、サラリーマンが不動産投資を始めるにあたっての注意点についてまとめてみたいと思います。まず利回りや目先の報酬だけに目をやって不動産投資物件を選ばないということです。不動産投資物件は目先にとらわれずにしっかりと探すようにしましょう。今の状況ももちろんですが、10年20年先の不動産の価値などもしっかりと理解した上で、不動産投資物件を選ばなくてはいけません。不動産投資物件を選ぶ際には、慎重に先を考えて選びましょう。サラリーマンで頭金0で不動産投資を始める場合にも、返済とのバランスなどをよく考えて始めなければいけません。
posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資