海外

不動産投資を海外で行っている人は今増えています。


その理由として、日本ではあまり不動産を購入して手放す際の差益というのは期待できないのですが、海外の国の中には、不動産を買ったときよりもかなり高く買い取ってもらうことができるというケースもあるので、それが不動産投資を海外で始める人の狙いです。


不動産投資を海外で行っている人が行う国というのは、日本のような先進国ではなくて、どちらかと言えば、発展途上国になります。


今人気の海外の不動産投資の国としては、タイや、中国などが人気があるといわれています。


中国やタイの不動産を購入していれば、将来的にかなり値段が上がるといわれているのです。


ですから、不動産投資を始めようと思っている人の多くが、発展途上国の不動産物件を買っておいて転がして値段が上がったところで売却をして、売却益を手にするという投資計画を立てています。


不動産投資で数年前の日本でも、売却益を出すことは十分に可能だったのですがここ数年で、かなり日本の経済状況も変わってしまい、売却益を出すというのは、かなり限られた場所の物件でなければ難しいのが現状になっています。


このことから考えても、日本で不動産投資を始めるよりも、海外の物件へ投資した方が利益が出るということもあり、海外での不動産投資を考えている人の方が増えているといわれているのです。


少し前はドバイの不動産投資も流行でしたが、今は落ち着きを見せています。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産投資