中古

不動産投資をする場合には中古の物件を選んだほうがいいのか、それとも新築の物件を選んだほうがいいのか迷っている人も多いと思います。


不動産投資で新築を選んだ場合には、新しい物件ですから、借り手がすぐにつく可能性も高く、人気になって空き室があまり出ないメリットもあると思います。


しかし家賃を高く設定しなければ、新築で借りたお金を返せない場合もあり、その際に借り手があまりつきにくいというケースもあります。


逆に中古の物件を不動産投資の対象にした場合には、比較的家賃も安定しているので借り手も付きやすい可能性も高いのですが、物件の状態によっては、リフォームや修繕が必要で、それにお金がかかってしまうというバイもあります。


利回りの違いで見れば新築がいいといえるかもしれませんが、それも今だけの話かもしれません。


将来的に考えて中古物件を購入して不動産投資を始めるのか、それとも新築の物件を購入して不動産投資をするのかということはなかなか難しい問題でもあるのですが、不動産投資をするにあたっては、中古か新築かよく考えて始めた方がいいでしょう。


中古の場合には耐用年数が短いことも考えて将来にリフォームにいくらかかるのか、手放す時の価値なども頭に入れなければいけません。


不動産投資物件は中古、新築どちらもありますので、初心者は、どちらにするのか投資のプロに相談をしてからにした方が安心ではないでしょうか。


その方が間違いなく利益を上げることができます。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資