デメリット

不動産投資のデメリットは何があるのか、まず理解しておくことが不動産投資を始めるにあたって大切なことになります。


現在日本は少子化になっていて、若い年代の人が年々減りつつあります。


そのために、不動産投資の収益物件のターゲットになっている若い世代が減っているということは、それだけ空き室がある可能性が高いということになります。


数年前は、一人暮らしをする人も多かったのですが、最近は、一人暮らしをせずにお金を節約する若い人たちも増えていることから、不動産投資の対象になっている収益物件が埋まらないという現状があり、利益を回収できないデメリットが今増えています。


そして不動産資産の価値が下がっていく傾向にあるというデメリットもあります。


昔の日本であれば、バブル崩壊前は、土地を買っても値段は上がるのが普通でした。


不動産を買っても、不動産の価値は上がるのが普通でした。


しかし今は違っています。


土地を買っても不動産を買っても、資産価値は下がってしまう傾向にありますから、手放す時の売却益があまり見込めない傾向にあるのです。


そして不動産投資のデメリットとしては、中古マンションに投資することへのリスクがあります。


中古マンションはリフォームにお金が高くついたり、もしかすると何か良くない噂などもあったりして、なかなか空き室が埋まらないケースもあるので、良く考えた上で物件を探さなければいけないというデメリットがあります。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資