フルローン

不動産投資を始めるにあたって、中には資金を一切用意せずに、すべてローンを組んで始めるという人もいます。


不動産投資が他の投資に比べて魅力的なのは、資金がなくても始められる投資ということにあります。


他の投資の場合には、資金をある程度用意しておかなくては始めることができなかったのが一般的な常識となっているのですが、不動産投資の場合には、フルローン、すべて金融機関から借りたローンで始めることができるのです。


もちろんフルローンを組んでまで始める不動産投資は、リスクもかなり大きいです。


他の投資の場合には数万円から始められる投資もあります。


投資ですからリスクは付き物ですが、その場合のリスクは知れていると思います。


しかし不動産投資の場合には、フルローンを組んで、数千万円もしている物件を購入して不動産投資を始めるわけです。


不動産投資に失敗してしまえば、数千万円のローンが残ってかなりのリスクを負うことになるのです。


不動産投資のフルローンは、いい点でもあり悪い点でもあるといってもいいと思うのですが、資金を用意しなくても始められるということもあって、フルローンでサラリーマンなどが本業とは別に不動産投資で収入を得ているというケースも今とても増えているのが現状です。


フルローンを組んで不動産投資をして、家賃収入の中からローンを返していけば、数年後には、ローンもなくなり、やがて不動産は自分の資産になりますので、それも一つの利益の上げ方になります。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資