顧問

不動産投資顧問というのは、不動産投資をする人に対して、色々とアドバイスをしたり投資に関する業務をすることができる人のことを言います。


不動産投資顧問と言っても二種類に分けることができて、不動産投資に関する取引のすべての業務や、助言業務を行うことができる総合不動産投資顧問と呼ばれる種類と、不動産投資に関しての助言だけを行うことができる一般不動産投資顧問とう種類があります。


アドバイスを与える助言では、不動産投資に関して口でアドバイスをしたり文書などでアドバイスをしたりします。


投資家はそれに対して報酬を支払うことで不動産投資顧問との間が成り立っています。


それに比べて一任業務をする総合不動産投資顧問業の方については、不動産投資の判断をも任されるため、不動産投資信託にも似ているような形になっています。


今不動産投資をしている人の中には、不動産投資顧問を必要としている人は多いと言われています。


不動産投資というのは専門的な知識がなければできない投資ですから、投資をするにあたって色々とアドバイスをしてもらいたいと思っている人が多いのです。


不動産投資を始める人がいまとても増えている中で、不動産投資顧問を始める人も増えていて、それだけ需要が高まっていることが多いです。


総合不動産投資顧問は現在15社ほどが国内にありますし、一般不動産投資顧問業においては、600弱の会社がありますので、不動産投資を始める人は利用してみてもいいでしょう。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資