税金

不動産投資には色々と税金がかかってきます。


不動産というのは買ったときにも、持っている時にも、売るときにも何かにつけて税金というのはかかってくるものです。


不動産投資をするという場合にも、もちろん不動産にかかってくる税金はもちろんのこと、不動産投資で得た利益に関しても税金がかかってきますので、それらを理解して、経費として扱って、確実に節税することが大切です。


不動産投資でかかってくる税金としてはまず、不動産を取得した際に不動産取得税がかかります。


そして登録免許税、印紙税が他にもかかってきます。


不動産投資を行っている最中にもかかってくる税金としては、固定資産税が毎年かかりますし、都市計画税も毎年かかります。


そして所得税や住民税も必要です。


いざ不動産投資で物件を売却するということになった場合でも、税金がかかってきます。


不動産売却の時には、所得税と住民税、そして印紙税がかかります。


不動産投資で利益が出た場合には不動産所得という扱いになって、他に収入があるという場合には、別で深刻可能ですが、不動産投資にかかった経費は、必要経費になります。


原価償却費、ローンの金利、管理費、修繕費などの経費はすべて必要経費になります。


色々減税されていけば、ある程度のラインまでは節税することができるようになると思います。


不動産投資を始めるにあたっては、まずはどんな事に、どれくらいの税金がかかるのかしっかりと把握した上で始めるということが大切なポイントになってくると思います。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資