勧誘

不動産投資の勧誘というのはよくある話ではあります。


いい物件があるので不動産投資をしませんか?といった感じで持ちかけられるケースもありますが、中には悪徳業者から、悪い物件を押し付けられて、無理やり不動産投資の勧誘をしつこく迫られたために契約してしまったというケースもあると言われています。


各都道府県では不動産投資の勧誘については、規制が行われています。


執拗以上の勧誘であるとい言う場合には摘発をすることも可能であるとも言われているのですが、その辺のさじ加減というのは実に難しい点でもあります。


宅地建物取引業法では、不当な不動産投資の勧誘方法というのは規制されているので、もしも自分宛てに、不当な勧誘があったという場合には、都道府県に申し出て対処してもらった方がいいと思います。


バブルの頃には、今以上に不動産投資の勧誘が多かったと言われています。


美味しい不動産投資話を持ちかけられて、それに乗った人たちがバブル崩壊に合い、多額の借金を抱えてしまったというケースも少なくありません。


不動産投資話に関しての勧誘は、良く考えて信頼できる相手からの話だけに乗るようにした方がいいと思います。


そんなにうまい話は世の中ありませんし、不動産投資の勧誘に乗って痛い目にあったという経験のある人はたくさんいると言われていますので、十分に注意した方がいいでしょう。


あまりにもひどい勧誘の場合には、申し出て摘発してもらうことが可能です。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資