失敗

不動産投資では失敗もつきものです。


というのも、不動産投資は、投資ですから、自分の読みや予測が外れてしまえば、投資で失敗することになるのです。


不動産投資でよくある失敗例をここで紹介して行きたいと思います。


例えばどんな時に不動産投資で失敗してしまうのでしょうか。


まず買ったときには、周りにマンションがあまりなかったので、借り手がたくさんいたのですが、数年後に、マンションの周りに沢山賃貸物件がで出したために、自分の物件の空き室が増えるようになったとか、購入してから物件の周りがあまりいい施設ではない場所を発見してしまった場合、空き室が全然埋まらないような物件だったという場合に、予想を反した不動産投資ということになって失敗してしまいます。


不動産投資の失敗としてはほかにも家賃を下げなければ、誰も入ってくれないことから、家賃をやむを得ず下げたのだけ、それが当初の予定より採算が合わない計算になったということもよくあります。


そして信頼して選んだ物件だったと思ったのに、色々とトラブルがありメンテナンスにお金がかかったので採算が取れないというケースもあります。


何もしなくても不動産投資で不労所得ができると思っていたのに、結局は空き室を埋める対処をしなければいけなかったり、管理会社がしっかり動いてくれないことで、自分が管理をしなければならなかったという失敗例もあります。


不動産投資は不労所得とは言われていますが、投資ですから失敗もあるので、そのことも分かったうえで始めた方がいいでしょう。

posted by 不動産投資本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資